釣行記

相模湖リベンジ ついに今年の初バスを釣る

投稿日:2020年5月11日 更新日:

これまた先日相模湖に行った話です。

この日ようやく今シーズンの初バスを釣ることができました。

 

 

今回は日相園

前回利用した秋山川釣の家は一般の予約を受けていなかったため、今回は相模湖ド定番の日相園を利用しました。

僕なんかは竿はともかくルアー類が多いほうではないと思うんですが、ボートまでタックルを運ぶのはやっぱり面倒ですね。

車が横付けできるありがたみを痛感しました。

 

 

やっぱり浮きものについている

前回同様、それ以上にバスは浮きものについていました。

浮きものやシャロー絡みの岩盤を中心に攻めていきますが、チェイスすらなく移動を繰り返します。

 

 

ついに初バスをゲット

浮きもののバスを反応させることができないまま、結局シャローエリアで同行者が釣りました。

しかも40アップを含む4匹も。

大爆発ですね。

 

くやしさから歯ぎしりをしていましたが、ようやく僕にも。

明らかにミノーのタイミングではなく、ミノーの場所ではない場所で、ミノー的な使い方ではない使い方で、ミノーで釣れました。

ようやく初バスが釣れたうれしさはありますが、それよりも何か釈然としないモヤモヤ感が大きい魚でした。

 

 

掴みかけるも結局あとは続かず

同行者の投げるシンキングスイッシャーには異常にチェイスがあることが判明したため、期待をかけて投げ続けましたが、結局その後は良好な反応を得られず終わりました。

 

 

使用タックル

タックル数は同じく5本ですが、前回からベイトを減らし、スピニングを増やしました。

スピニング①

ロッド:ブラックレーベル BL 691ULFS

リール:20ルビアス FC LT2000S

ライン:フロロマイスター 3lb.

ルアー:デスアダー4インチほかノーシンカー

 

スピニング②

ロッド:ブラックレーベル BL 691ULFS

リール:17セオリー 1003 + RCS 2004エアⅡ

ライン:フロロマイスター 3lb.

ルアー:その他ソフトルアー

 

スピニング③

ロッド:スティーズ STZ 661MLFS(07ストームシャドウ)

リール:12イグジスト 2506

ライン:よつあみ Gソウル アップグレード X8 0.8号 + フロロ12lb.

ルアー:ドゥルガ、阿修羅Ⅱほかハードルアー系

 

ベイト①

ロッド:タトゥーラエリート TAEL 731HFB

リール:ジリオン SV TW 1016XXHL-SV

ライン:JSYライン 6号

ルアー:マルチジグSS 14g + 釣りキチホルモン ピッグダディーほか

 

ベイト②

ロッド:ブラックレーベル BL-PF 701MFB

リール:06スティーズ 103HL + SV105スプール

ライン:フロロマイスター 12lb.

ルアー:ゲーリーバズ、阿修羅Ⅱほか

 

 

釣れなかったが掴むものはあった

スティーズプロップの話のときにも書いたとおり、シンキングダブルスイッシャーの類を一つも持っておらず、有効な場面が全くイメージできていませんでしたが、あれだけの力を見せつけられると、今後取り組まざるを得ません。

手持ちのルアーの種類はどんどん減っていく傾向でしたが、新たに何種類かのシンキングダブルスイッシャーを買って試すことを決意しました。

 

おわりに

不完全燃焼かつ悔しすぎる結果ながら、初バスを釣ることができたうえ、新たなルアーの可能性にも気付くことができてよい釣りになりました。

-釣行記

Copyright© ダイワ星人 , 2020 All Rights Reserved.