ダイワのあゆみ

1955年 リールの製造を開始。このときはまだ「松井製作所」だった

1958年 「大和精工株式会社」を設立。会社が中野区大和町にあったことに由来する

1969年 商号を「ダイワ精工株式会社」に変更。戦艦大和を思い出させることから「大和」を避けたというエピソードがあったような

1979年 ダイワ初のロープロファイルベイトリール「ファントムSM-2」を発表

1982年 世界初のマグネット(渦電流)ブレーキ搭載リール「ファントム マグサーボ SS-10」を発売。同年世界初のカーボン製スピニングリール「ファントムEX800」を発表

1984年 超革新的レベルワインド機構「ゼロフリクションレベルワインド(クラッチオフでレベルワインドが左右に分かれる、TWSの原型)」を発表

1996年 ラインローラーに角度をつけることで糸よれを防ぐ、糸よれ防止機構「ツイストバスター」発表

1997年 スプール形状をテーパーにすることでライントラブルを防ぐ、「ABS(アンチバックラッシュシステム)」発表。同年 左右ハンドルで異形ボディを採用した「グリッピングコンセプト」に基づく「TD-X 103(105)HiL」を発表

1998年 マグネットブレーキの効きを遠心力で変化させる「マグフォースV」発表

2005年 「株式会社キャスティング(釣り具のキャスティング)」を子会社化

2008年 50周年を迎える。釣り具のアフターサービス部門を「株式会社スポーツライフプラネッツ」として分社化。メガバスとの資本提携を発表

2009年 10月に社名を「グローブライド株式会社」に変更。釣り具ブランドとしての「DAIWA」、「ダイワ」は残った

2010年 磁性流体を用いた水密機構「マグシールド」を発表

2011年 Tシェイプレベルワインドを用いた「TWS(T-ウィングシステム)」を発表

2012年 キャスティング、フィッシャーマン、ワールドスポーツが合併し、「株式会社ワールドスポーツ」を設立。屋号は「釣り具のキャスティング」に統一。同年「エアブレーキシステム」発表

2018年 「大和精工株式会社」設立から60周年を迎える。

投稿日:2017年12月1日 更新日:

Copyright© ダイワ星人 , 2018 All Rights Reserved.