ダイワ2019年新製品 リール

PROCYON LT ついにダイワが冷間鍛造ギア搭載リールを発売か?

投稿日:

こんばんは、ダイワ星人です。

今日は真面目に新製品の話です。

 

ダイワとシマノと冷間鍛造

ダイワとシマノのスピニングの特徴といえば、それぞれのギアの製造方法ではないでしょうか。

ダイワ:マシンカット

シマノ:冷間鍛造

このあたりはリールに興味のある方ならもはや常識だったと思います。

ただし、正確にはダイワも冷間鍛造でギアを作っていて、後から歯面を切削で仕上げています。

どちらがよいのか、正直に言って僕は体感できていないのですが、冷間鍛造後に切削仕上げをすることでコストをかけて(しまって)いるのがダイワであることは事実でしょう。

 

PROCYON LT

そんな状況に一石を投じるかもしれないのがこのPROCYON LTです。

FEATURESの項に、Cold Forged Aluminum Digigearの記載があることから、冷間鍛造ギアであることがわかります。

なお、マシンカットの場合にはMachined Aluminum Alloy DIGIGEARの記載がありますので、マシンカットと冷間鍛造(切削仕上げの有無)を区別していると考えられます。

ただし、 The Aluminum Digigears are precision cut for a smooth, powerful performance with less weight.の記載があり、切削が行われているようにも受け取れることから、従来通りの冷間鍛造後切削仕上げである可能性もあるため、現時点では断言できません。

https://www.daiwa.com/us/contents/reels/procyonlt/index.html

 

おわりに

2016年のモノコックボディ登場以来、新規性のあるネタに欠けていたダイワスピニングでしたので、もし冷間鍛造(切削仕上げなし)ギアが出ると新規性があってうれしいですね。

実はちょっと前にコメント欄に書いた「今秋の動き」には冷間鍛造(切削仕上げなし)ギアの予想を含んでいたので、その可能性が示されてドキドキしています。

-ダイワ2019年新製品, リール

Copyright© ダイワ星人 , 2019 All Rights Reserved.