ダイワ ダイワ2022年新製品 リール

ダイワ 22ジリオン TW HDを12月に発売

投稿日:

2021年12月、21ジリオン SV TWに派生モデルが追加されるようです。

22ジリオン TW HD

 

 

色がかっこいい

パッと見でわかる一番の違いは色ですね。

ツヤ少なめの黒でシックです。

ベースモデルの21ジリオン SV TWが明るめのシルバーだったのといい対比になっています。

僕は明るいシルバーも好きなので、どっちもいいなって感じですが、黒を待っていた人もいるでしょう。

 

スタードラグもアルミ製でちょっと高級感が増しています。(21ジリオン SV TWのスタードラグはザイオン製)

最大ドラグ力が5kgから6kgに上がったので強化してるみたいな言い分もあるんでしょうか。

 

次は性能的な面を見ていきましょう。

 

 

ハイパードライブデジギア

高強度真鍮(ブラス)製のドライブギア(大歯車)と高強度高耐食銅合金のピニオンギア(小歯車)の組み合わせです。

高強度真鍮とわざわざ書いてあるのは、一般的な真鍮ではないというアピールなのでしょうか。

高強度高耐食銅合金はなんでしょうね。いつものアルミ青銅?

21ジリオン SV TWはアルミのドライブギアとステンレスのピニオンギアの組み合わせでしたので、初期性能の維持という面では大きな進歩があると考えていいと思います。

アルミの種類はわかりませんが、ジュラルミンか超々ジュラルミンですかね。

おそらくG1ジュラルミンではないと思います。

スティーズAですらG1ジュラルミン製ギアを謳っているのに、ジリオン SV TWではそもそもギア素材にすら言及していませんので。

 

 

MAG-Z BOOSTスプール

34mmのG1ジュラルミン製MAG-Z BOOSTスプール搭載です。

21スティーズ A TW HLCで初めて採用されたブレーキシステムであるMAG-Z BOOSTですが、今までは36mmのものしかありませんでした。

34mmのMAG-Z BOOSTスプールは22ジリオン TW HDに初採用になります。

同時にSLPWのオプションスプールとして販売されるでしょう。

 

HDに遠投仕様のスプールを組み合わせるっていうのがよくわかりませんけどね。

現行のジリオン TW HD 1520はマグフォース(固定マグ)で、重量級ルアーのキャストや、パンチングなどの不安定なキャストに対応するようにしていたので余計にそう感じます。

 

 

100mmハンドル+ラウンドノブ

HD仕様らしく、100mmのアルミ製ロングハンドルに、EVA製パワーラウンドノブの組み合わせです。

21ジリオン SV TWは90mmハンドルにハイグリップIシェイプライトノブの組み合わせですので、わかりやすくパワー感のある仕様と言えるでしょう。

ボディサイズに対して長いので、見た目は少し不格好に感じます。

 

 

おわりに

ハンドル長やノブはともかくとして、ジリオンはそもそもこの仕様で出したほうがよかったんじゃないでしょうか。

スティーズ SVやAもどこかでモデルチェンジするわけなのでもういいやって気持ちだったのかもしれませんけど、正直言って21ジリオン SV TWとのすみわけが微妙になってましたよね。

22ジリオン TW HDくらい差別化したほうがユーザーも選びやすいと思います。

スティーズがモデルチェンジでどれだけの差別化ができるかが楽しみとも言えますので、まあ楽しみにしていましょう。

-ダイワ, ダイワ2022年新製品, リール

Copyright© ダイワ星人 , 2021 All Rights Reserved.