つぶやき

アルマイト

投稿日:

アルマイトも酸化被膜が成長するので寸法はプラスになりますね。

マイナスするのはバレル研磨、洗浄(エッチングなど)、薬品を使用した梨地等の処理のせいでしょう。

(加工直後に計測した寸法は熱の影響で大きいですから、冷えた後に計測すると当然小さくなりますが、さすがにこれは初歩の初歩なのでないと信じます。)

工程を見ていないのでマイナスする原因は推測でしかありませんが、ともかくアルマイト自体はプラス方向に作用するものです。

 

そしてカラーアルマイトはアルマイト被膜の表面にある微小な孔に染料を染み込ませる(吸着させる)ことで実現しますね。

色味は染み込ませる染料の量によって変わるので、孔と孔の距離や、孔の深さ(アルマイト被膜の厚さ)に依存します。

これは想像ですが、それらをコントロールするのが難しいから、結果的に色味のコントロールも難しいんでしょうね。

実際に、膜厚をぴったり5μにしてくれというような依頼に応えてくれるようなものではありません。

膜厚5μだと±2μは許容してくれと言われるイメージです。

膜厚に対して孔の深さがどの程度か正確にはわかりませんが、3μと7μじゃ、染料の量が倍以上変わってしまいそうですよね。

 

とりあえずアルマイトのお話でした。

-つぶやき

Copyright© ダイワ星人 , 2021 All Rights Reserved.