ダイワ ダイワ2022年新製品

特許等の公報からダイワ2022年新製品を考える⑥

投稿日:

また書いては下書きのままにするのを繰り返していました。

この状態ではモチベーションが著しく低下するので、とりあえずまた簡単に更新します。

またまた追加された商標とそれに絡む特許です。

 

 

インテリジェントマグフォース

もしかしてダイワ版DCブレーキの名称でしょうか。

特開2021-145655をみると、電子制御のスプール制動装置の技術を出願していることがわかりますので、可能性は高いと思います。

ダイワがDCブレーキを出すというのは単純に興味深いのですが、上記技術としての売りは、すでにあるリールのパーミングカップ(ブレーキ側サイドプレート)を変更するだけで電子制御に変更できる(=コストダウンできる)ことのようです。

図面を見る限りでは従来通りのインダクトローター式のマグネットブレーキですので、小型とはいえモータなどの電子部品が搭載されることからパーミングは犠牲になるかもしれませんが、確かに可能なように思えます。

これなら確かにリョウガなどの現行機のテコ入れに使えます。

 

 

カムイランケタム

Wikipediaによると、「神授の刀」を意味するそうです。

語源的には、カムイ=神、ランケ=下ろす(授ける)、タム=刀のようですね。

モアザンにカムイトゥクシーというサブネームのサケ釣り用のロッドがありますし、タム=刀とついていることからもおそらくサケ釣り(北海道の大物釣り)用のロッドでしょう。

この2年でだいぶ北海道にはまっているので、イトウ用のショートパックロッドとか、サケ釣り用でもパックロッドなら欲しいんですが、さすがに期待できますまい。

 

 

新型リールシート

ねじではない締結方法を採用したリールシートです。

ねじではないと言っても、スリット内に固定するのでかなりねじっぽいです。

スリットを複数切ることでいろいろな長さのリールフットに対応できるということのようなのですが、それでもピッタリいくものでしょうか。

メリットがいまいちわからないのですが、嵌合部がしっかりとられているので、ナットが斜めになってしまうなどの問題が減らせそうには思います。

 

 

おわりに

こんな感じです。

インテリジェントマグフォースは僕の釣りにはいらない気がしてるんですが、まあ試してみたい気持ちは否定できませんね。

22イグジストも仕様によってはほしいし、困ったものです。

22イグジストの記事も書いているのですが、情報公開が先になる可能性も否めません。

-ダイワ, ダイワ2022年新製品

Copyright© ダイワ星人 , 2022 All Rights Reserved.