つぶやき

オリンピック

投稿日:2021年5月8日 更新日:

マジでやるんですかね。

さすがに今年やるのって頭おかしくないですか。

今年の状況考えたら、昨年強硬したほうが全然マシだったでしょ。

 

台湾が無観客でやるよって言うならまだわかるんですよ。

1日あたりの新規感染者数が平均3人くらいでしたっけ。

まあこれならばと思いますよね。

無観客と書いたのは、逆にここまで抑え込んでいる台湾だから、仮にやるとしても無観客でやるだろうなっていう想像の話です。

当然そうしたほうが間違いはありませんし。

 

翻って現在の本邦の状況はどうなのかっていうと、昨日5月7日の1日あたりの新規感染者数は6,057人、死者は148人を数えました。

これは結構びびる数字ですよね。

神戸では123人の感染及び13人の死亡を隠蔽していた事実が発覚しましたし、6,057人感染148人死亡の数字にびっくりするだけでなく、本当はもっとたくさんの人が感染していたり死亡していたりするのではないかと疑ってしまいます。

 

とりあえず今のところアジア系は比較的死亡しづらい傾向があるのに助けられてはいます。

しかしその幸運もむなしく、いまだに検査が拡充されていないことから感染状況の実態がつかめず、ワクチンの接種も進まずと、事態の収束が見えない状況です。

ワクチンに至っては無能すぎて全く調達できていないのかと思ったら、実は結構な数が調達できているものの、寝かせていることが最近わかりましたね。

そして接種のめどが立たないままに期限切れが近づいてきていると。

え、結局無能じゃん。

 

ここまでは幸運だった旨を書きましたが、ウイルスの変異によって今後どうなるかはわかりません。

実際インドなんかはこのタイミングでやばいことになってますので、本邦もいつまで大丈夫なのやら、と思わざるを得ません。

弱毒に変異してそれこそ「風邪」として片づけられるようになればいいのですが、願望を持つのはともかくとして、期待をしてはいけないでしょう。

 

そんな状況ですので、さすがにオリンピック中止の世論が高まっています。

中には、オリンピック出場選手に、開催反対の呼びかけや、出場辞退をするように促すメッセージを送る人もいるようです。

そのようなメッセージを受け取った一人として、昨日は水泳の池江璃花子選手から「悲痛な訴え」がありました。

 

そしてこの件はニュースにもなっています。

https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/swimming/news/202105070001212.html

 

池江選手の訴えは、要約すると「自分はアスリートだから、自身も持病(白血病)があるから不安だけど、オリンピックに向けてがんばるだけだ。オリンピックが開催されれば出るし、されなければ出ないけど、自分には開催したりしなかったりを左右するような力はない。自分はみんなの期待に応えたいと思ってがんばってるだけだから、自分や自分以外の選手たちを批判せず、黙って応援だけしてくれ。」っていうようなものです。

 

正直に言うと、少し前なら選手にそんなん要求すんなやって僕自身思ったと思うんですよ。

彼らもやるのかやらないのかわからない中で振り回されてるだろうし、オリンピックのためにがんばってるんだから開催されたらそりゃ出たいでしょって。

 

でもあんまりそう考えられる状況じゃなくなっちゃったんですよね。

オリンピック選手には毎日PCR検査をして、ワクチンの接種を優先的にするし、医師もボランティアで集めるって話が国(五輪担当相)から出ちゃったわけですよ。

 

発熱してもPCR検査が受けられないって問題が昨年さんざん話題になりましたよね。

あれって全く過去の話じゃなくて、今でも場所によってはそうなんですよ。

場所によってっていうか、東京の話なんですけど。

現に発熱している人がPCR検査を受けられない状態が続いているのに、オリンピック選手には毎日PCR検査するの?

ワクチンの接種もまだ1.3%でしたっけ。

確かまだ医療従事者にすらいきわたっていなかったと思います。

他者の命を守る存在の医療従事者だからこそ優先的にワクチン接種させるつもりで、でもその医療従事者が接種できていないような状況なのにオリンピック選手には優先的に接種させるの?

病床が足りなくて入院できないままにコロナで死んだ人たちがいるってニュースが流れているのに、オリンピック選手のために病床や医師を確保するの?

コロナがあるからがん手術の日程を伸ばされている人がいるのにオリンピック選手のけがはすぐに治療するの?

 

こういう事実があるうえでの発言と考えると、無責任に感じちゃうんですよね。

人の命を犠牲にしてまでオリンピックを開催しようとしている事実があって、そのオリンピックに出場しようとしているわけだから、そのことについての考えを求められることはあるだろうし、その考えに対しての批評があってしかるべきですよね。

 

オリンピックのためにがんばってきたからオリンピックに出たい、ただそれだけの話なんだったら、「みんなの期待に応えるために」なんて言わないで、「オリンピックに出場したいという私の願望のためにおまえたちは犠牲になれ。犠牲があるとしてもオリンピックに出たいんだ。」って言えばいいんですよ。

「みんなの期待に応えるために」なんて責任転嫁も甚だしいです。

だいたい「みんなの期待」はオリンピックの中止や、選手の出場辞退になりつつあるんですから、だったらどうして「みんなの期待」に応えてくれないんですか?って話にもなりうるわけです。

 

アスリートは大会で結果を出すのが仕事なんだからって話は十分ありうると思うんですけど、でもその仕事自体をさんざん叩かれた人たちってたくさんいますよね。

飲食店とかライブハウスとか思いっきりそうだったじゃないですか。

人殺しって張り紙されたりとかありましたよね。

長距離トラックのドライバーが、県外まで移動してるって理由で嫌がらせされたりとかもあったじゃないですか。

昨年はただの会社員ですら、リモートワークしないで通勤することを人殺し扱いされてましたよ。

僕自身も通勤する会社員としてこの扱いを受けました。

そして、仕事のための通勤なんだから仕方ないだろって言ってる人に対して、リモートワークができる仕事にも就けないような無能と罵る場面も目にしましたしね。

働かなきゃ収入がなくなって死ぬのに、死なないための真っ当な営みを殺人行為呼ばわりされたんですよ。

今この瞬間も、人殺しとは言われなくても居酒屋がお酒の提供を禁止されたり、映画館も営業を禁止されたりしてますよね。

アスリートの仕事だけは特別っていうのはさすがに通らなくないですか?

 

そもそもオリンピックってアマチュア競技であって、プロ競技じゃないんですよね?

それって草野球とかゲートボールと一緒だし、僕が釣り行くのと一緒じゃないですか?

これが仕事なわけでもないし、やめりゃよくない?って思われるのってもはや当たり前の感覚だと思うんですよ。

これが当たり前になってほしいかと言われれば当然にNOですけどね。

で、じゃあ僕が釣りに行くのをやめてるかと聞かれれば、僕は釣りには行ってますし、多分これからも行くと思いますよ。

もちろん状況の見極めはしますけどね。

だって僕はPCR検査を毎日受けたり、ワクチンを優先的に接種させてもらったり、優先的な医療を受けたりできませんもん。

週6日電車通勤して、会社で人と顔をあわせて、ほとんど毎日スーパーで買い物をして、自分ができる範囲での感染症対策をしながら生活してるわけですから、なんで休日に釣りに行くのがダメなの?ってむしろこっちが聞きたいですよ。

 

こう聞くと、釣りに行くことによって感染する、あるいは感染させるリスクがさらに高まったり、釣りや移動中にけがをすることで医療がひっ迫するって回答が来るんでしょうし、僕自身実際その通りだと思います。

でも、だとしたらそもそも感染する、させるリスクが高い通勤や会社での業務がなくなるようにしてくださいよ。

そっちのリスクは受け入れて、休日はこもってろなんて無理でしょ。

生きるために仕事をしているんであって、仕事をするために生きているわけではないんですよ。

その生きるってのは何かといえば、自らが望むいくつかの目的のためであり、その目的の大きな一つが釣りなんです。

 

繰り返しになりますが、池江選手や他の出場選手を責めるべきではないっていうのは本来的には同意するところです。

本来責めるべきは、IOCであり、JOCであり、東京都であり、日本国政府ですから。

でも、じゃあ池江選手はそれらと何の関係もないただのまっさらな無垢の人なのかと言えば、そうじゃないと思うんですって話です。

思いきり利害関係人であり、数多の国民が手にすることのできない特権を持つ当事者なんですから。

 

まあつらつら書きましたけど、まじで二ヶ月後にオリンピックやんの?頭おかしくない?って話でした。

-つぶやき

Copyright© ダイワ星人 , 2021 All Rights Reserved.